福岡国際コミュニケーション専門学校(留学生対象)

入試について
学校法人 福岡成蹊学園 理念
「桃李もの言わずとも、下おのずから蹊を成す」を理念に掲げ、教育の充実・質の向上に努めます
Cooperation, development and sincere effort together equals an infinitely bright future.





●理念
『桃李もの言わずとも、下おのずから蹊を成す』
学校法人福岡成蹊学園は創始114年、法人設立46年、日本の学校教育百年の歩みと共に、 「桃李もの言わずとも、下おのずから蹊を成す」を理念に掲げ、社会の変化に対応する感性と情熱をもとに世界に羽ばたく勇気と未来の力を創造します。
福岡成蹊学園の由来となった「桃李不言、下自成蹊(桃李もの言わずとも、下おのずから蹊を成す)」とは故事で、桃や李(スモモ)は言葉を発することはないが、美しい花と美味しい実の魅力にひかれて人々が集まり、その下に自然と道ができることを例えた言葉です。

●ミッション
『世界に羽ばたく人財教育』

教育というサービスを通して、グローバル化の進む環境の中で未来に貢献する多様な個性と可能性を尊重し、世界に活躍できる人財を育成することを通して社会の生成発展に貢献します。

●ビジョン
『福岡発、今までにないわくわく感を発信する学校へ!』

100カ国、1,000名の生徒が集う日本で最もユニークな専門学校として世界から注目される学校作りを目指します。
また、グローバル社会への適応力と即戦力、異文化コミュニケーション能力、変わり行く社会ニーズに応える専門性を養う高度な教育環境を整備します。

●バリュー
私たちは、学生が社会で活躍できるよう、世界に羽ばたけるよう『7つの努力と価値』を共有します。

1)自ら経験し、自らのグローバル化に努めます。
2)多様性を尊重し、育みます。
3)生徒の目線を忘れず、常によりよい教育環境を考え、実現します。
4)生徒の潜在性を可能性という原石とし、輝く宝石になるよう磨きます。
5)社会環境変化への鋭い感性を持ち、柔軟な発想力で未来を思考します。
6)自らの専門性を常に高める努力を行います。
7)現状に甘んずることなく、常に新たな付加価値創造に挑戦します。